交通事故治療 | 埼玉県新座市の交通事故・むち打ち治療なら

診療
時間
平日 AM 8:45 ~ 12:00 / PM 14:00 ~ 21:00
土曜 AM 8:45 ~ 12:00 / PM 14:00 ~ 19:00
休診
木曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

電話

お問い合わせ

電話

電話

交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療 和整骨院では、交通事故治療に際し、事前のヒアリング・カウンセリングをしっかりとおこないます。お聞きした内容を元に、症状に合った治療方針をスタッフ間で共有し、治療にあたっていきます。
交通事故の痛みは、患者様によって本当に様々です。例えば、交通事故治療の代表格ともされるむち打ちひとつを見ても、「頸椎捻挫型」「バレー・ルー症候群型」「神経根症状型」「脊髄症状型」に分類されています。
これらの症状は一般の病院では、治療が困難といわれており、整骨院や接骨院での治療を希望される方が大勢いらっしゃいます。
特に和整骨院は交通事故治療の実績が多く、現在も多くの患者様の治療をさせていただいております。
これまでのノウハウに加え、常に最新の知識を取り入れ交通事故治療をさせていただきますので、他院で改善がみられなかったという場合でも、和整骨院の交通事故治療をお試しいただければと思います。
身体の痛みだけではなく、交通事故後に抱えてしまった精神の辛さも軽減できるような交通事故治療をお約束いたします。

交通事故による外傷

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等

――症状によって徒手整復を行います(骨や関節を正常な位置にもどす)

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等イメージ

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等イメージ

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等イメージ

炎鎮痛作用のクリームにてマッサージ、症状によって冷湿布および固定をします。
(固定具(プライトン・アルフェンス等)・包帯、テーピング等)

外傷の初期段階で大切な事は患部の安静・冷却・圧迫・更に症状によっては挙上です。
これにより患部のズレの再発を防ぎ、炎症を抑えます。
骨や軟部組織(靭帯や筋肉)の損傷が回復してきたら、固定による関節拘縮や痛みによる運動制限の改善の為、マッサージや運動療法を行います。

交通事故による傷み

腰痛・首・肩の痛み、膝の痛み等

交通事故による傷みイメージ

交通事故による傷みイメージ

交通事故による傷みイメージ

患部を中心に、患部周辺から筋肉をほぐし、関節・筋肉のバランスを整えます。
これにより疼痛の緩和、血行促進、筋肉緊張の緩和、神経伝達の正常化、体および心身のリラックス効果が期待できます。
運動神経、知覚神経が異常をきたしていると、痛みを感じたり、体を思うように動かす事が出来なくなったりします。 筋肉・関節・神経の損傷の程度により、強い刺激を入れる事が出来ない時があります。
このような時は症状に合わせ痛みの出ない程度のやわらかい刺激によって、損傷部位の改善につとめます。 また、自律神経系に異常をきたしていると、様々な症状があらわれます。
内臓の機能低下や不眠等が代表的なものです。
これらの症状に対し根本的な治療にはなりませんが、対症療法として症状寛解が期待できます。
筋肉の緊張および心の緊張を取り除くという事は、自然治癒力を向上させるのには非常に重要な事と考えます。

見逃さないでむち打ち放っておいてもよくなりません。

交通事故に遭ってしまい、病院の診断で問題がないと言われた場合であっても、むち打ちを見逃している場合があります。
むち打ちは、レントゲン等の検査では確認できない微細な身体の変化から起こることがあるのです。
もし、下記のような症状がある場合、和接骨院へすぐにご相談ください。
他院で見つからなかった原因を探り、根本から交通事故治療をしていきます。

こんな症状は要注意!!
むち打ち症の可能性があります。

事故後、徐々に痛みが増してきた

首や腰、手足にしびれがある

吐き気や頭痛、めまいが起こる

こんな症状は要注意!! むち打ち症の可能性があります。

交通事故後に、このような症状がある場合、むち打ちの可能性があります。
適切な交通事故治療をしなければ長期間悩まされてしまうことがありますので、むち打ちの専門家でもある和整骨院がお力にならせていただきます。

交通事故の治療費

交通事故の治療費 交通事故治療の費用は、自賠責や任意保険を利用し、治療にあたります。結果、お支払いは無料となりますので、交通事故治療に専念することができます。
※ただし、自賠責保険を使用できないケースもありますので、事前にスタッフまでご相談ください。

交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料 慰謝料とは交通事故によって被った精神的な苦痛に対する賠償です。
怪我の治療にかかった通院期間・実通院日数を基に、自賠責保険の慰謝料計算方法が定められています。
痛みがあるのに我慢をして通院していない場合には、慰謝料が少なくなってしまうので、回復するまで十分に治療を受け、さらに適正な慰謝料も受け取るようにしましょう。
3ヶ月から6ヶ月経った段階で、保険会社から治療の終了を勧められることもありますが、まだ症状の改善・回復を見込める場合、治療を継続することができます。
※慰謝料についてのご相談はスタッフまでご相談ください。

お待たせしません!お気軽にお問い合わせください。

和整骨院

TOPへ